スマートフォン解析

パーソナルジム別 トレーニング時間と内容比較

1回のトレーニング時間は、ジムによって違う

 

パーソナル,プライベート,トレーニング,内容,比較

1回のトレーニング時間はジムにより違いがあり、1回75分のジムから1回50分のジムがあります。

 

マンツーマントレーニングでは無駄なインターバルを置かず、次々に種目をこなして行くのが特徴。

 

私の通ったプライベートジムではインターバルは1分ほどで、次の第2セット、第3セット、と続けて行く感じでした。

 

  • 1セット目[腹筋10回]
  • →1分休憩

  • 2セット目[腹筋10回]
  • →1分休憩

  • 3セット目[腹筋10回]
  • →3分ほど休憩

  • 次の種目[ダンベル10回]・・・。

といった感じです。

 

しかも正しい(楽をさせない)フォームなので5〜6回で限界がきて、そこからフォローが入りさらに5回ほど続ける。といった内容。

 

セット内のインターバルはほぼ無いに等しく、例えばダンベルひとつ取っても、下ろして持ち上げた際の「持ち上げきった状態」は「ほぼ休憩している状態」とのことで、そのわずかな時間の使い方にも指導が入り、すぐに次の下ろす動作を促される感じです。

 

ダラダラと楽をしても何の意味もないらしく『せっかく筋肉組織を追い込んだなら、その状態を最大限利用して効率よく疲れさせてしまおう!』といった考え方です。

 

パーソナルトレーニング種目も時間が多いほどたくさん出来るので、やはり、単純に時間は長いほど良いかと思われます。

トレーニング内容は、大きく分けて2種類

ジムによるパーソナルトレーニング内容の違い

 

「筋力トレーニング」と「有酸素運動」

プライベートジムには、筋力トレーニングだけ行うジムと、筋トレ+有酸素運動を行うジムがあります。

 

ただし、筋トレ+有酸素運動を行うジムでも、会員さんの目的に対する体型変化の様子を見つつ、筋トレだけ行う日もあるようです。

筋力トレーニングについて

どうして筋力トレーニングをするのか?

 

ダイエット効果は、「運動」「食事の改善」で得られます。

 

パーソナル,プライベート,トレーニング,内容,比較

このうち「運動」

  • 有酸素運動
  • 筋力トレーニング

に分けられます。

 

ダイエットに欠かせない「食事改善」「有酸素運動」「筋力トレーニング」には、それぞれ目的に違いがあります。

 

それぞれの目的

パーソナル,プライベート,トレーニング,内容,比較
食事の改善
目的:ダイエット
パーソナル,プライベート,トレーニング,内容,比較
有酸素運動
目的:ダイエット
パーソナル,プライベート,トレーニング,内容,比較
筋力トレーニング
目的:痩せやすく、太りにくい体質に改善する

 

食事制限”だけ”で痩せた体は、食事をもとに戻すだけで簡単にリバウンドすると言われています。

 

食事制限だけでは、脂肪と一緒に筋肉量も減ってしまう事が主な理由です。

 

筋肉量が減ると基礎代謝量が減り、以前より太りやすい(燃焼しにくい)体質になってしまいます。

 

せっかく痩せたのに以前よりも太りやすい体質に変わってしまった為、少し食べるとすぐに太ります。

 

以前より食べる量を減らしているのに、なぜかリバウンドするのはこれが原因なのです。

 

また、筋肉量の少ない状態で痩せると、ヒップ・二の腕・背中などのお肉がたるんで下にさがりプロポーションが悪くなるのも大きな問題です。

 

これらの失敗を起こさないためには「食事制限」で痩せつつ「筋トレ」でプロポーションを作り、太りにくい体質に変えてリバウンドを防ぐことが欠かせません。

 

「食事制限」と同時に「筋トレ」を行う理由

 

  1. きれいに引き締まったプロポーションを作る
  2. 燃焼しやすい(痩せやすい)体質に変える
  3. リバウンドしにくい(太りにくい)体質に変える

 

どんな筋力トレーニングをするのか?

 

プライベートジムでは

  • スクワット(足、ヒップ)
  • 腹筋(お腹)
  • ペンチプレス(胸)
  • プルダウン(背中)
  • ダンベル(腕)

など、筋肉の部位や目的別にピンポイントにトレーニングします。

 

私が通ったプライベートジムでは、筋肉の部位ごとにもっとピンポイントに作用させるために腹筋だけでも4種類体験しました。

 

どのトレーニングもフォーム・姿勢に細かい注意点があり、最大の効果を出すよう常にアドバイスが入ります。

 

メニュー・セット数・使用する重りはパーソナルに設定されて、毎回、限界の回数を少し超えるトレーニングが行われます。

 

回数は多くやれば良いというものでは無いようで、私の場合、例えばペンチプレスなら1セット目は5〜6回ほどで限界が来て持ち上げられなくなるような重量を設定されていました。

 

限界が来て持ち上がらなくなってからは、トレーナーさんに持ち上げる時だけ手伝って貰い、降ろすのを一人で頑張る。
といった感じをさらに5〜6回繰り返します。

 

ここが限界を超えた部分で、一人では出来ないトレーニングです。

 

声をかけて貰いながらトレーニングするので「もう本当に限界!」と思ってからあと3回頑張れてしまう事も結構あります。

 

多分1人でやっていたら、キリの良いところでやめてしまうのだろうなと思います。

有酸素運動について

有酸素運動の効果

 

パーソナル,プライベート,トレーニング,内容,比較

有酸素運動はジョギング・ウォーキング・水泳・エアロバイクなどの方法が代表的。

 

パーソナルジムではエアロバイクを使用します。

 

身体は有酸素運動を行うと、普段より多く酸素を取り込みます。

 

そして運動に必要なエネルギーを酸素を使って生成するのですが、このとき酸素と共に糖質や脂肪を燃焼させます。

 

はじめは糖質から燃焼していき、徐々に脂肪を燃やし始める性質があり、一時的に基礎代謝を上げる効果も有ります。

 

ダイエットに関わる有酸素運動の効果は脂肪の燃焼効果です。

 

有酸素運動にも効果の高いやり方があり、息切れしない程度に、軽く汗ばむ程度で行うのがコツです。

 

軽い有酸素運動でも血流が良くなるどの健康効果は有りますが、ダイエット目的である場合は、軽くなり過ぎないよう注意が必要です。

 

例えば筋トレで汗をかいた直後に有酸素運動を始めた場合、汗が引いてしまうと軽すぎるのでもう少しだけペースを上げた方が効果大です。

プライベートジム トレーニング内容と時間の比較

 

トレーニング時間と内容の一覧

 

※「ジム名」クリックで、サイト内のジム個別詳細ページへ移動します

ジム名

時間

内容

24/7ワークアウト

75分

筋トレ+有酸素

クレビック

75分

筋トレ+有酸素

ベレッツァ

75分

筋トレ+有酸素

エススリー

75分

筋トレ

エクスリム

60分

筋トレ+有酸素

ビセット

60分

筋トレ+有酸素

ターニングポイント

70分

筋トレ+有酸素

パーソナル,プライベート,トレーニング,内容,比較

パーソナルボディラボ

50分

筋トレ+有酸素

シェイプス

50分

筋トレ

ライザップ

50分

筋トレ


 
トップページ ジム選び5つのポイント 料金比較ランキング メニュー

ページ上へ戻る